tuna's weblog !?

たまに更新します。最近、住宅に関する雑誌ばかり購読してます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
コーポラ内覧会
現在建築中のコーポラティブハウスの内覧会に行ってきました。完成度としてはまだ半分程度。ようやくRC(鉄筋コンクリート)部分の工事が終わったのみで、ここから鉄骨部分を組み立てたり、住設機器を入れたり、内装を仕上げたりと作業はまだまだ続く。。


でも、今まで図面の上にしか存在しなかったものが、実際の場に存在する空間として目で肌で体感できたのは嬉しい。少しずつ完成に向けて進んでいる感じ。そろそろ家具も考えなくちゃなー。
| tsunashi | コーポラティブハウス | 16:46 | comments(1) | trackbacks(0) |
インフィル契約締結
本日、インフィル(内装)に関する以下の2つの契約を締結。

・設計事務所との「設計監理業務委託契約」
・施工会社との「工事請負契約」

契約締結ってことはインフィル見積もようやくFIX。結局予算より+100万円ちょいオーバー。まあこの位だったら想定内と思うようにしよう。。
ちなみに契約締結したらすぐに費用の何割かを先に支払うことになっているため、来週あたり、我が家の口座から数百万円が消えていく予定。(最終的にはもっと支払うのだが。)
夏休みの旅行どうしようかな。。
| tsunashi | コーポラティブハウス | 18:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
悩ましきインフィル費用
先週日曜にコーポラティブハウスのインフィル(内装)施工費用の見積が出てきた。

コーポラティブハウスは、土地代+スケルトン(外装)費用+インフィル費用、とそれぞれの費用を個別に考える。すでに土地代とスケルトン費用は当初予算内でfixしており、予算内に納めるためには、あとはインフィル費用をどれだけ調整して予算内に抑えられるか。

で、出てきた見積額は、、当初想定よりも+100万円弱。うーむ。べらぼうに高い見積が出てきたわけじゃないが、やっぱ予算オーバー。
予算内に収めるためには、インフィル費用を削る必要があるが、それはイコール、内装のこだわりを一部捨てるか、質感を犠牲にして安価な素材に変更するか。そもそもコーポラを選んだ理由は、自分のライフスタイルと価値観に合った家が欲しい、ということで、こだわりを捨てるとなると当初趣旨に反するんだよなー。。

で、1週間悩んだ末の結論。
こだわりは捨てん!+100万円の費用増が何だ!俺はせっせと働くぜ!
というわけで、インフィル費用は出てきた見積そのままで確定。床材はカリンの無垢材がいい、床暖房はできるだけ広い範囲に付けたい、キッチンにはステンレスのカウンターが欲しい、浴室の水栓金具はこのメーカーのものが格好いい、などなど、これまで1年間考えてきたインフィルのこだわりはやっぱり捨てられませんでした…。(涙)
| tsunashi | コーポラティブハウス | 10:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
地鎮祭
6/11(日)は、朝9時半からコーポラ建設組合の地鎮祭。
あいにくの雨模様でしたが、コーポラ組合の4世帯・設計事務所・施工会社・コーポラ企画会社と関係者全てが集まって、「エイッ、エイッ」と鍬入れしたり、玉串奉奠したり、御神酒を頂いたり。ちょっと気が引き締まる思いがしました。
| tsunashi | コーポラティブハウス | 00:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
スケルトン工事契約を締結
本日、コーポラティブハウスのスケルトン工事契約を締結。
これまでは建築家の先生の考えと自分の思いを一つにまとめて図面に落とし込んでいく設計フェーズだったが、これからはその図面の中の「未来の我が家」が実際の建築物として徐々に現実のものとなっていく。なんかわくわくします。
| tsunashi | コーポラティブハウス | 19:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
コーポラティブハウス インフィル設計&第8回総会
GW終盤はコーポラ打ち合わせ三昧。5/6(土)にインフィル設計打ち合わせ、そしてGW最終日5/7(日)はコーポラ建設組合の第8回総会。

しばらくコーポラの日記を書いてませんでしたが(前回書いたのは2/25)、実は3月〜4月前半にかけて毎週末、設計事務所とインフィル設計に関する打ち合わせを何度も何度も実施。この怒濤のインフィル設計月間で、部屋の内装に関する希望を(自分が考えている以上に)絞り出していく。
⇒まずは部屋の使い方を想定した上で
 ・各部屋の床材(素材・色)を決め、
 ・天井と壁の仕上げ方法を決め、
 ・キッチンにビルトインするガスレンジとオーブンと食洗機を決め、
 ・キッチンおよびバスルームの水栓金具を決め、
 ・壁面収納のクローゼットと本棚の大きさを決め、
 ・空調機器および床暖房の配置を決め、
 ・コンセントの位置と数を決め、
 ・照明設備の配置と仕様を決め、、、、(以降果てしなく続く。)

「こんな部屋でこんな生活出来るといいなー」レベルではなく、実際に細かい部分まで決め込んでいくのはかなりの気合いと体力が必要。決めるべきことが想像以上に多すぎる!夢が現実に近付いていく過程の楽しい作業ではあるけど、さらには自分の将来の家のことではあるけど、この時期はほんと疲れた。。
で、5/6の打ち合わせにて、今までのインフィル設計に関する希望を全て取り纏め&再確認。この後2週間くらいでインフィル設計に関する「見積額」が出てくる予定。その見積額によっては、「仕方ない。。この設備は削るか・・・。」という、涙のインフィル設計再検討フェーズに入ります。

次に、GW最終日の5/7の第8回総会の議題は、
 ・土地の境界確定手続きに関する報告
 ・スケルトン工事委託会社の決定
 ・法規制に基づく設計プラン変更の報告
 ・今後のスケジュールの報告
スケジュールについては、来月上旬に地鎮祭、来月中旬には着工、その後順調に工事が進めば来年3月末には竣工および引越となる予定。
このコーポラプロジェクトに申し込んで早1年以上。ようやく自分の家を実際に目にする時期が近付いてきた。なんか期待に胸が高まります。
| tsunashi | コーポラティブハウス | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
第7回コーポラ総会
今日の15時からのコーポラ総会。議題は土地決済の報告、建設会社選定の中間報告、今後のインフィル検討作業の説明など。

・土地決済の報告
土地決済は1月末に無事に完了(資金払込および登記手続き)。今回、自分の名前が記載された「登記済権利証」を初めて見せてもらい、自分名義の土地が世の中にあることをしみじみと実感。前にも書いたけど「地主」ってヤツですね。
地主になったからには当然税金も納めなくては、という訳で、夏頃に都税事務所から不動産所得税の納税通知書が送られてくるらしい。

・建設会社選定の中間報告
建設会社については現在3社に見積もり依頼中。3月中旬には見積額が出てくるので、そこから金額の精査・再交渉等を経て、最終的に4月頃に施工を依頼する1社を選定予定。
今日、見積もり依頼のために建設会社に渡してある「スケルトン実施設計図面」を全て見せてもらったが、これがすごい大量の枚数!数十枚の図面を重ねると5センチ以上の厚さ。しかしこれが実際の施工段階に入ると、細部にわたる詳細な図面がさらに加わり、結果的に数百枚、積み重ねて30センチ以上の厚さになるらしい!4世帯用の住居で30センチ。数百世帯が住む大型マンションの施工図面は何センチくらいになるんだ!?

・インフィル検討作業の説明
うちのコーポラプロジェクト、実はインフィル設計が少々遅れ気味。。その遅れを挽回して4月中旬にインフィル設計を固めてGW明けに施工開始するためには、3月になんと4回以上!のインフィル打ち合わせを行う必要があるらしい。
仕事柄、私も相方も3月・4月が一年で最も忙しいのだが、そんな中で収納・仕上げや空調・照明・キッチンなどの設備について考えたり、毎週末の打ち合わせに出席したり出来るだろうか・・・?
しかしコーポラの一番の楽しみ、醍醐味ともいえる、自由なインフィル設計。ここは何とか頑張るしかない。仕事もインフィル検討も頑張ろう!


などなど、1時間半ほどでコーポラ総会は終了。
あー、インフィル考えなくちゃ。どの位の量の壁面収納を作ろうか。。悩みは尽きません。
| tsunashi | コーポラティブハウス | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本の現代住宅
今日は乃木坂のギャラリー間で開催されている、「日本の現代住宅1985-2005」へ。(先週行ったのに祝日で閉まってた展覧会!)
これだけの数の住宅模型が集まると圧巻。本や雑誌で見たことある有名な家の模型がいくつも置いてあった。
でも、白いスチレンボードで作った模型と、実際に人が住んでいる部屋の風景って全然違うなぁ、というのが今日の正直な感想。当然ながら、家具が置いてあって人が生活している部屋の風景は、やはり生活感というか暖かみがある。模型から部屋の間取りや空間の広がりは判るけど、その家が持つ雰囲気や人が生活する様までは判らない。(プロが見れば判るのかも知れないけれども。。)
コーポラ総会で将来の自宅の模型は何度も何度も見てるけど、実際に家が出来上がってみると想像してた感じと結構違うんだろうな。想像も付かないという不安が2割と、どんな風になるんだろうという楽しみが8割。

で、ギャラリーに行った後は、同じ建物の下の階にあるCERAのショールームへ。水栓やら洗面台やらをじっくり観察してカタログをもらって来ました。
来週末のコーポラ総会でインフィルプラン決定のタイムスケジュールが示される予定。そろそろ壁や床や照明などインフィルについても詰めて考えなくては!
不安と焦りと楽しみが入り交じり。(笑)
| tsunashi | コーポラティブハウス | 18:55 | comments(0) | trackbacks(3) |
第6回コーポラ総会
1/21、雪降りしきる中、コーポラ建設組合の第6回総会に出席。
今回の総会より4世帯めのM夫妻が参加。ようやくプロジェクトで募集していた4世帯全てが決まりました。これからのお隣さん、よろしくお願いします。
今回の総会のメインは、今月末予定の土地取得に関する手続き(土地取得費用の銀行借入および登記手続)。何枚もの書類にハンコを押しまくってきました。

土地購入までの流れですが、うちのプロジェクトの場合、
〜塙膂が建設組合に出資金振込
土地代金に足りない資金を、建設組合が金融機関からローン
それらの資金を使って、建設組合が地権者から用地購入

このように建設組合を主体とした手続きなので、なんとなく「土地所有者は、組合解散(※)までは建設組合なんだろうな」(※住宅完成後に組合は解散。そのタイミングで所有権が建設組合→組合員名義に移る)と思っていたのだが、、
今日よくよく聞いてみると、建設組合は民法上の任意組合であり法人ではないため、登記上は土地所有者=組合員本人になるとのこと。
なんと!1月末から都内某所の“地主”になります。すごいぜ地主。ちょっと偉くなった感じ。でも実際はローンを抱えるだけなのさ。。
| tsunashi | コーポラティブハウス | 18:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
C先生の御自宅拝見
今日は今後のインフィル設計の参考として、C先生のご好意で、世田谷区某所にあるC先生の御自宅見学。自分で設計した集合住宅に住んでるとのこと。

実際にC先生が住んでいる部屋の内装を拝見させてもらうことで、
モルタル仕上げの床の雰囲気だとか、RCに水性塗料を塗って仕上げた壁の感じだとか、白い壁・天井と黒系堅めの印象のフローリングの相性だとか、そこに置く家具の色だとか、
さらには、空調機を見えない箇所に隠して部屋をすっきりした印象にする方法だとか、ガス式床暖房が実際にどのくらい温かくなるかだとか、某メーカーのシステムキッチンの使い心地だとか・・・(他いろいろ)

今まで頭の中で悶々と想像していた内装のイメージが目の前に現実のものとして存在すると、やっぱり理解しやすい!とても勉強になりました。今日は今からインフィルについて悩みます。

ちなみにC先生邸の家具は、Mario BelliniやLe corbusierの椅子が中国のアンティーク収納家具などと組み合わせてあって、お洒落でした。
| tsunashi | コーポラティブハウス | 17:55 | comments(1) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ